Home  |  経 歴  |  論 文  |  研 究  |  講 義  |  English


経 歴


【学歴・職歴】

1965年5月(昭和40年) 岐阜県岐阜市生まれ
1984年3月(昭和59年) 岐阜県立岐阜高等学校 卒業
1985年4月(昭和60年) 東京大学 教養学部理科一類 入学
1989年3月(平成元年) 東京大学 工学部 資源開発工学科 卒業
1991年3月(平成 3 年) 東京大学 大学院工学系研究科 資源開発工学専攻 修士課程修了、工学修士
1991年4月(平成 3 年) 東京大学 助手 工学部 資源開発工学科
1995年4月(平成 7 年) 大学院工学系研究 科地球システム工学専攻
2006年2月(平成18年) 東京大学 大学院工学系研究科 論文博士、博士(工学)
学位論文「ローラーコーンビットの動力学モデルの構築とそのビット振動解析への応用」
2007年4月(平成19年) 東京大学 助教大学院工学系研究科 地球システム工学専攻
2008年4月(平成20年) 大学院工学系研究科 附属エネルギー・資源フロンティアセンター
2011年4月(平成23年) 早稲田大学 非常勤講師(兼務) 大学院創造理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻

【所属学会等】

【受賞・表彰】

  • Technology Focus Papers of Journal of Petroleum Technology, 2009年2月
    Naganawa, S. and Okatsu, K., "Fluctuation of Equivalent Circulating Density in Extended Reach Drilling with Repeated Formation and Erosion of Cuttings Bed," Society of Petroleum Engineers
  • GRC Best Presentation Award, 2017年10月
    Naganawa, S., "Concept of Thermal-Shock Enhanced Drill Bit for Supercritical Geothermal Drilling," Geothermal Resouces Council

【外部資金獲得状況(研究代表者であるもののみ)】

  • 受託研究:(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 「地熱発電技術研究開発/地熱発電の導入拡大に資する革新的技術開発/天然・人工地熱シス テムを利用した超臨界地熱発電の発電量、経済性および安全性に関する詳細検討」 (平成29年度)
  • 受託研究:(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 「エネルギー・環境新技術先導プログラム/超臨界地熱開発実現のための革新的掘削・仕上げ技術の創出」 (平成27〜29年度)
  • 受託研究:国際石油開発帝石株式会社(INPEX) 「高傾斜井掘削時のホールクリーニング作業効率最適化に関する研究」 (平成26〜29年度)
  • 日本学術振興会科学研究費助成事業:基盤研究(C) 「逸泥とガスキックを伴う超高温人工地熱系掘削における最適泥水循環技術の開発」 (平成26〜29年度)
  • 共同研究:(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 「高傾斜井におけるカッティングス排出のラグタイムに関する研究」 (平成25〜29年度)
  • 受託研究:AGCセラミックス株式会社 「超臨界地熱発電坑井向けセメント材料の調査」 (平成28年度)
  • 受託研究:地熱エンジニアリング株式会社 (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「エネルギー・環境新技術先導プログラム/島弧日本のテラワットエネルギー創成先導研究」再委託 (平成26〜27年度)
  • 寄附金:新井科学技術振興財団研究助成金 「大偏距・水平掘削時の掘管の振れ回り回転を伴う掘屑運搬挙動の個別要素法・数値流体力学連成シミュレーション」 (平成26〜27年度)
  • 寄附金:新井科学技術振興財団研究助成金 「国内難掘地層の低コスト掘削のための高効率と耐摩耗を両立するローラーコーンビットの基本設計要素の最適化」 (平成25年度)
  • 受託研究:地熱技術開発株式会社 環境省地球温暖化対策技術開発等事業「自然環境への悪影響を回避・最小化した地熱発電に関する技術開発」再委託 (平成23〜25年度)
  • 共同研究:(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 「石油・天然ガス開発・探鉱のフロンティア分野における先導的研究/大偏距掘削時のカッティングストランスポートおよびECD挙動に関する研究」 (平成20〜24年度)
  • 共同研究:(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 「非定常カッティングストランスポートシミュレータの開発」 (平成16〜19年度)
  • 文部省科学研究費補助金:奨励研究(A) 「3次元グラフィックスを用いた掘削挙動シミュレータの開発」 (平成11〜12年度)
  • 文部省科学研究費補助金:奨励研究(A) 「圧力下でのローラービットの掘削挙動と振動特性に関する研究」 (平成8年度)
  • 文部省科学研究費補助金:奨励研究(A) 「ローラービットの振動解析統合システムの開発」 (平成7年度)

【学外委員会】

  • 日本CCS調査(株) 環境省・経産省委託事業「平成28および29年度二酸化炭素貯留適地調査事業」に係る有識者委員会(平成29年度)
  • (国研)海洋研究開発機構 科学掘削安全検討委員会 委員長(平成28年度〜)
  • (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 地熱資源開発アドバイザリー委員会(平成28〜29年度)
  • (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 地熱貯留層掘削技術推進委員会 委員長(平成27〜29年度)
  • (財)エンジニアリング協会石油開発環境安全センター 資源分科会 会長(平成27〜29年度)
  • (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 基礎試錐技術安全諮問委員会(平成27〜28年度)
  • 文部科学省 科学技術・学術審議会海洋開発分科会深海掘削委員会(平成27〜28年度)
  • (国研)海洋研究開発機構 科学掘削安全検討委員会 掘削専門部会 部会長(平成26〜28年度)
  • (公)中央温泉研究所 環境省委託業務「可燃性天然ガス発生温泉井戸の埋め戻し方法検討会」座長(平成26年度)
  • (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 「水溶性天然ガス田の生産に係る技術検討会」WG(平成26年度)
  • 経済産業省資源エネルギー庁 平成26〜28年度国内石油天然ガス基礎調査委託事業者採択審査委員会(平成26年度)
  • (国研)海洋研究開発機構 科学掘削安全検討委員会(平成25〜27年度)
  • (財)エンジニアリング協会石油環境開発安全センター 経済産業省委託事業「大水深海底鉱山保安対策調査委員会」(平成25〜27年度、25年度は委員長)
  • MH21メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム 第1回メタンハイドレート海洋産出試験WG3(平成25〜26年度)
  • 日本CCS調査(株) 経済産業省委託事業「二酸化炭素貯留(CCS)技術評価」に係る第三者委員会(平成25年度)
  • IODP Environmental Protection and Safety Panel(統合国際深海掘削計画環境保護安全パネル)(平成24〜25年度)
  • (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 南鳥島海域のレアアース泥に関する勉強会(平成24〜25年度)
  • 石油資源開発(株) メタンハイドレート掘削作業検討会(平成24年度)
  • 経済産業省資源エネルギー庁 平成23〜25年度国内石油天然ガス基礎調査委託事業者採択審査委員会(平成23年度)
  • (株)テクノリサーチ研究所 経済産業省委託事業「海洋石油開発海底生産技術等調査委員会」委員長(平成21年度)
  • 秋田市 廃止石油坑井封鎖検討委員会(平成21年度)
  • (財)エンジニアリング振興協会石油開発環境安全センター 経済産業省委託事業「坑井廃止基準調査委員会」(平成18〜19年度)
  • (社)日本エネルギー学会 MH21研究コンソーシアム受託事業「メタンハイドレート堆積層からの天然ガス新規生産手法調査」委員会(平成14〜17年度)

【セミナー・研修などの講師】

  • JICA国際地熱研修コース「地熱資源エンジニア」@九州大学 『Drilling Technology』, 平成28年度〜
  • JOGMEC産油国技術者研修等事業UAE特別研修「掘削コース」, 『Cuttings Transport in Extended-Reach Drilling』, 平成26年度〜
  • 技術情報センター(TIC)セミナー, 『最新の坑井掘削技術』, 2015年2月
  • JICAエチオピア地熱発電開発マスタープラン策定プロジェクト「エチオピア国地熱資源開発能力向上研修」, 『Geothermal Well Drilling』, 2014年7月
  • 技術情報センター(TIC)セミナー「CCSとCO2輸送・貯留・EOR技術・装置などの最新動向」, 『CO2圧入井の掘削技術と装置・材料』, 2014年4月
  • 日本テクノセンター「非在来型エネルギー資源(シェールガス等)の資源開発技術および燃料・化学合成技術と最新動向」, 『非在来型エネルギー資源開発のための技術と材料の基礎と最新動向』, 2014年2月
  • CMCセミナー「シェールガス・オイル開発のための掘削・坑井用ケミカル素材」, 『シェールガス・オイル坑井の掘削技術』, 2013年9月
  • NTSセミナー「岩盤割れ目の克服」, 『割れ目をつくる(1):石油工学における坑井掘削技術』, 2013年6月
  • 技術情報センター(TIC)セミナー, 『最新の坑井掘削技術』, 2013年6月

【その他】

  • サッカー4級審判員(東京都)


Tuesday, November 21, 2017 by S. Naganawa